高野・龍神・本宮・新宮 1.進まないよ!

11月21・22・23日。
三連休になったので、今年最後の長距離ツーリングに出発した。
1週間前から天気予報では23日は雨だった。
これまでの数度のツーリングで懲りていた私は冬用・雨用の装備を整えていた。
その一つがツーリングバッグ。最大75㍑積載の大型バッグだ。

21日朝7時に起床して朝食。
大体の準備は1週間前に準備完了していたが、肝腎の昨日は酔っぱらって眠ってしまったので、装備の点検からだ。
出発は9時にしよう。

本日は高野山界隈のキャンプ場までだから距離も少ない。余裕だ。
冬用のシュラフを持って行く。
夏用とは段違いに大きい。
袋に詰めた状態でも畳んだテントの倍のサイズだ。
なんとかバッグに詰め込む。

新たに購入したパンク対策のタイヤチューブも忘れずに・・・
今回は食事は1~2食は自炊予定だ。
携帯コンロも持って行かなくっちゃ。
節約のためせっせとおにぎりを握る。
これは非常時には生死を分けるものになるから
ジャーの中のご飯は全部おにぎりにして持って行くことにする。
7個出来た。少なくとも1食分は食費が浮いたな・・
酒は現地調達・・は勿体ない。ペットボトルに日本酒を詰める。
水も大事だ。
でも現地調達しよう・・・なんか順序が違うな。でもまぁいいや。
てな感じで準備をして荷物を積み込む。

このバッグ。初めての使用だから固定方法とかも今一つ分からず。
全てを終えると11時過ぎ。ちょっと遅くなってしまった。
慌てて出発。

市内で2度ほど停車する。
バッグが背中へずれ込んできてどんどん姿勢が前のめりになってしまうのだ。
後ろ側から固定するハーネスを短くしてテールランプの真上までバッグを後ろへずらし込む。
これでなんとか・・・

市内を抜けるだけで1時間かかってしまう。
秋は日は強いが風は冷たかったりして、体温の管理が難しい。
今回冬用ジャンパを装備しているから凍えることはない。
実は今回夏用ジャンパをインナーにしている。
バイクの体温保全は風の侵入を防ぐのが第一であるから、ジャンパの重ね着は有効だ。
まだ余裕がありすぎるくらいで、冬用ジャンパの脇を大きく解放して風を取り入れる。
快適快適。

23号線を走り四日市を超える辺りで再度バッグがずれて背中を圧迫する。
ストップして様子を見るにオフロード車のシートは前傾しているため、カバンの中身も上の方から前にもたれ掛かっていて崩れ気味。しかも左右のバランスも崩れ気味だ。
まずいな・・・

津に入った辺りでホームセンターを見つける。
適当な長さの材木を1本購入。90cmほどに切ってもらう。
ゴムベルトと取り付け金具も購入。全部で1000円くらい。
材木をカバンの下に潜り込ませる。前の方にだ。
入ったところで左右の端部にゴムベルトを引っかけ固定する。
安定した。
背中がバッグの重みから解放される。
一安心だ。
ついでに中にあるスガキヤで遅めの昼食を。
ラーメンを吸い込みながらマップスで現在位置を確認。

ここで一大事が発覚。
今回は奈良ルートで高野山を目指すのだから、鈴鹿・亀山から25号を西に走らなければならないのに津まで来てしまった。
松阪と亀山を完全に混同していた!
我ながら何十年この道を走ってるんだか・・・
早速西進して県道ルートで亀山へ。
県道はわかりにくいから、これはもう標識任せ・運任せだ。
しかし三重県は偉かった。
迷うことなく一発で亀山の25号入り口へ。

25号は高速並みの快適な道である。が、いきなり渋滞だ。
どうやら1車線分工事中らしい。
バイクらしく路肩を走って渋滞を抜ける。
10kmは渋滞していた。
渋滞が解消して車線を走り始めたのは既に16時過ぎ。
大丈夫か?
by dokuzenryu | 2006-12-08 02:15


<< 高野山 白山5 忍耐の帰り道 >>