6.ただいま迷走中・・・高野龍神

早朝7時に目が覚める。
夜中に目が覚めて1~2時間眠れなかったがいつものことだ。
早速テントから出て歯を磨く。
キャンプ場の水道は元栓が閉められていて使えない。
ペットボトルの水で口を濯ぐ。
バイクのバッグは霜で真っ白。シートは氷が張っている。
携帯箒で霜を払う。
テントは雨に降られたようにベトベトだ。
雑巾で拭きながら折り畳む。
8:20に撤収完了。
高野山の町中へ走り出す。

おそらく町内で唯一の雑貨屋で朝食を買い込む。
店内は高校生が多い。
地元の高校生が昼ご飯を買うのに利用しているようだ。
店の外にテーブルが置いてあるので座って朝食。
天気も良く、まだ9時前である。

折角だから以前に訪れた根本大塔に参拝しよう。
大きな駐車場にバイクを止めて、塔への参道(というのか?)を歩く。
紅葉が満開だ。
早速パチリ。でも、なんだかファインダーから覗く紅葉がくすんでいる。
なんと、寒さでレンズが曇ってしまっている。
保護用のレンズフィルタをメガネの汚れ拭きで拭う・・・ダメ。
フィルタを外してレンズ表側本体を・・・ダメ。
これはもう禁断?の裏側を・・・ようやく直った。

なんかお約束と言えるくらい満開だ。
おそらくこの参道は秋の紅葉をかなりの程度意識して植生をコントロールしている。
流石だ。

紅葉も真紅・オレンジ・黄色と種類もそれぞれあり目を楽しませてくれる。
この時間に団体客はいないが、パラパラと観光客が見受けられる。

以前瞑想修行に励んだ根本大塔に着く。いつ見ても大きい。
広角レンズを持ってこなかったので、全体が画面に収まりきらない。
内部に入って大日如来とご対面。
「あれから毎日勤行してますよ。」と普段の報告を。
”その調子じゃ♪”・・・とは言ってくれないものの、如来は静かに私を見下ろしていた。

本当は参拝は予定外だったので、早めに切り上げる。
高野山を出たのが9:40。
高野・龍神スカイラインへ向かう。
実はこの道を以前から走りたかったのだが、ようやく念願が叶った。
最初は工事車が前方を塞いでいたが、すぐに自分だけになる。
良い景色を見るとストップしてカメラを取り出す。
車のエンジン音の聞こえない静けさの中に一人立つ。
どこまでも山並みが続く。紅葉真っ最中、ところどころ赤黄に彩られている。

暫くすると後続車が増え始めた。
どうやら大阪界隈を朝一番で出発した車がそろそろこの辺りに辿り着いたようだ。

やがて護摩段山に到着。最も高い山だ。
スカイラインのほぼ真ん中だ。
寒い。急速に風が冷たくなってくる。
どうも護摩段山を境に気候が変わるらしい。
景色は急速に冬の様相を呈し始める。
遠くに見える木々は白っぽく、はげ山になりかけ。
近くの山は緑一色。

道は下りになる。30分も走ると徐々に紅葉が増えてくる。
やがて道は日高川沿いになる。
この辺りから景色が再び美しくなってくる。
時間は昼過ぎ。南下中のため、紅葉が日の光で透けている。

道の駅龍神でストップ。お昼ご飯だ。
川沿いのテラスに座って定食を。
思わずゆっくりしてしまう。
14時過ぎに出発。

少し急ぐことにする。
371号から311号へ抜けるに当たって県道735号を介して371号へ戻り311号へ入るルートだ。
流石にこの界隈の県道は狭いなぁと思っていたら、道は民家の駐車場で行き止まりになってしまった。
少し手前で右折すべきだったようだ。
丁度、かの有名な安倍晴明さんを祭った小さなお社を見つけたのでお賽銭を入れてお参り。
「これ以上迷いませんように・・・」

右折すると、急に路面に落ち葉が増えてくる。というかほとんど落ち葉の絨毯だ。
舗装されているものの普段ほとんど整備されていない。
これで国道?標識もないし・・・
5kmくらい鬱蒼とした山の中を走る。
やっと標識が!
371号と書いてある。
よかった。正解だ。
頭上に高架が見える。
手持ちの地図が古いのだが、371号のバイパスを建設中なのか・・・
しばらくすると、山道が終わり、整備された快適な道に変わる。
突っ走ってすぐに311号へ。
311号は交通量が多い真っ直ぐな道だ。
ひたすら東へ走る。

本宮町に着く。
すでに16時。
本日はこの界隈で宿泊だ。
キャンプできそうな場所を物色。
いつも思うが、地図上のキャンプ場を一発で見つけることはまず無理だ。
しばらく走り回って、界隈で3カ所あるはずの一つを発見。
これで安心。とはいうものの、明日の天気は予報では元々雨だった。
道の駅・奥熊野古道ほんぐうで天気を確認。
やはり明日は雨だ。

奇しくも前回の熊野訪問時とよく似た状況だ。
前回は夜の雨天走行でしんどい思いをした。
今回は・・・宿泊である。
明日雨に降られても、昼ならば危険性は少ない。
地図に表記の宿坊瑞鳳殿へ電話する。
本日宿泊OKだ。
よかった。雨天のキャンプは大変だし・・・

電話で場所を確認して訪れると、熊野本宮の宿坊だった。
参拝を済ませて宿坊を訪れると、宿泊客は私ともう一人だけ。
一人で12畳ほどの部屋を占有する。
素泊まり3000円だ。
若い宮司さんが案内してくれた。
折角だから夕食の出来る場所を尋ねると、夜の早い町なので
コンビニで何か買い込んだ方がよいそうだ。
ふむふむ・・・ここから10分くらいの場所にあって18時まで営業と・・・
後30分だ。
急いでバイクに跨る。
真っ暗な道を走ってコンビニに到着。
そういえばこの界隈ってコンビニがないんだな。
あらためて気がついた。
おおかた売れ尽くした残り物・・・いや厳選されたメニューというべきか、
酒と弁当とサンドイッチと雑誌を買い込んでたら2500円になってしまった。
えらいリッチな夕食やなぁ・・・コンビニ弁当だけど。
宿に戻って、お風呂でくつろぐ。
そして高級なコンビニ弁当を・・・
すっかりできあがってしまった。
今日は布団でゆっくりお休みだ。

明日のトラブルも知らず、私は気楽な気分で熟睡したのであった。
by dokuzenryu | 2006-12-23 05:50 | ツーリング


<< 7.切れない走り 5.キャンプ場は何処? >>