天竜スーパー林道3.荒れ模様

空はまだ暗い。
が、どうやら曇りらしい。
あまり食欲もなく、荷物を積み込み早速出発。
カーナビにマップコードを打ち込む。目的地は秋葉山。
152号に復帰して、東進。
早朝なので空いている。

昨日の夏日に比べるとかなり寒い。
防寒用にレインコートを重ね着する。
昨日と同じ道を天竜川に沿って北へ。やがてカーナビが右折を指示する。
秋葉山への登山道だ。

入り組んだ山道だが、いつものようにスイスイと走っていく。
6時半に山門に到着。
広大な駐車場に私のバイクがぽつりと一台だけ。
小鳥が、鶯が盛んに朝の唄を奏でている。
参道を歩いていくと、突然バタバタと物音が!
尾羽の長い山鳥が斜面を急いで逃げていく。

写真は既に前記事で掲載したとおりだが、とにかく新しい。
が、まるで人気のない神社を一人歩いていく。

写真を撮りながらなので、本殿に詣でたのが丁度7時。
熱田神宮の側にも秋葉山があり、自分的には身近な印象を持っていたし、
カエデが多く植えてあるので、天狗の神様をイメージしてたのですが、
勘違いでした。
祭神は火之迦具土大神です。
お恥ずかしい。<(_ _)>
しかし、静かに落ち着いて参拝できたのでした。( ̄人 ̄)

さて、これからが本番です。
いよいよ天竜スーパー林道へ向かう。
走ってみると、全面舗装されていて、大変安心して走れる。
逆にもうちょっとダートの荒々しさがあった方が楽しめる感じだ。

出たらどうしよう。(・・;)
a0085537_140317.jpg

今度はみるみるうちに霧が下から登ってきた。一瞬火事の煙かと思った。マジで。(^^;
a0085537_1405827.jpg

a0085537_1411437.jpg


走っているうちに、だんだんと注意力が落ちてきた。
一瞬意識を失う。眠ってしまった。 (/_-)
休憩場所を探すが見つからない。
また、一瞬意識を失う。 (_ _) ..zzZZ
だんだんと一瞬が長くなってきた。
まずいな。

道端のチェーン装着場にシートを敷いて横になった。
全然車の通らない道だし、まあいいだろう。
暫く目を瞑っていると、多少楽になったので、
コンロを出して、湯を沸かして珈琲を一服。
昨日買ったピザで朝ご飯。
食欲なかったが、食べ始めると3枚ペロリと食べてしまった。
飯が食べれるうちは体も保つ。
大丈びだ。
時折晴れ間も見えるものの、モクモクとした雲が空を覆っている。

a0085537_1413678.jpg

a0085537_1415279.jpg

a0085537_1421383.jpg


界隈は、山毎に植生を一種類に絞っているようで、管理された自然の印象が強い。
とはいうものの、最近は広葉樹と針葉樹を混在させる方針に変更したと公園の看板に記載されていた。

分岐点に着いた。
山住神社だ。
静かな佇まいで、立派な彫刻がある。
源頼政の鵺退治がテーマらしい。

a0085537_1432552.jpg


既に正午を回った。
空は暗く、この後雨が降ってくるのは確実と思われる。
転進だ。
同じ道は芸がない。県道389号を通ろう。

a0085537_1435634.jpg

a0085537_144267.jpg

a0085537_144506.jpg


流石に県道沿いは自然の山のままで、景色も楽しめた。

藤が咲いている。風が強いので、ぶれずに撮れたのはこの1枚だけ。
a0085537_1452741.jpg


途中で昨日通った勝坂の里に至る。
南へ通り過ぎる。

勝坂の里。狛犬?
a0085537_1454545.jpg


台風が近づいたときのような強い風が出てきた。
周りの木々がザァザァと揺れている。
時折雨粒がぽつりと落ちてくる。
急ごう。

天竜川。下流でも山が多い地形なので、起伏に満ちた風景が楽しめる。
a0085537_146287.jpg


天竜川を越えて浜松に入った頃、大粒の雨滴が落ちてきた。
暫く様子を見るが、止みそうにない。
バッグを防水カバーで被う。
カーナビを収納する。
自分は・・・朝からレインコートを着ていたのでそのまま。

1号線の浜松バイパス。
普段から海からの風が強い道だ。
強烈だった。
タンクを抱くように頭を下げて走る。
この道、国道だけどみんな90キロは出している。
でも、バイクではちょっと無理。
70キロ強で走り続ける。
でも流れから完全に外れてしまっているので却って危ない。
途中でスピードアップして100m先にトラックの尻を見ながら走り抜ける。

豊橋に入ると雨が止んだ。晴れ間が差してくる。
豊橋を出て豊川に入った頃、再度雨が降り始めた。
やはり暫くして晴れ間が差してくる。
降っては止んでの繰り返し。
濡れる度、蒸発=服が乾く度に体力を消耗し、18時過ぎに自宅へ
辿り着いたときにはクタクタになっていたのでした。

(この記事の写真は全てCanonA640で撮影しています。)
by dokuzenryu | 2007-06-15 01:59


<< あじさいの里へ 1.三ヶ根山ス... 天竜スーパー林道 2.夜明けまで >>