白い稲妻・・かも

いろいろあって、SUZUKI DR-Z400SM を入手した。
生産終了モデルだが、最後の新車だ。
本投稿は、DR-Z400SM を褒め称え、
DR-Z400SM を選択した自分を褒め称える目的で書かれたものだ。

比較のため、まずは旧車SUZUKI DJEBEL250XC。
長い間ありがとう。エンジンもサスもとても良いバイクだった。
ライトも明るく、タンクは17㍑で長距離向きでとても便利だった。
a0085537_18425532.jpg
a0085537_1843641.jpg


新車SUZUKI DR-Z400SM 。
a0085537_18435651.jpg
a0085537_18442486.jpg
a0085537_18444043.jpg
a0085537_18445268.jpg
a0085537_1845523.jpg


そういえば、旧車DJEBELも正式名称はDR250Rだから、同じDRで排気量アップになる。
DR-Z400SM はオフの車体にオンの足回りつまりタイヤやブレーキを装備したモタードである。
峠道でSS(スーパースポーツ)をぶち抜くという物凄いバイクだ。
シングルだが値段はマルチ(4気筒)と変わらず、その分レーサーRM譲りの贅沢な足回りだ。
走る・曲がる・止まるの基本が高レベルなんだね。
これからは、この白き愛機を駆って・・・ゆっくりとツーリングに出かけよう♪
by dokuzenryu | 2009-12-19 19:01 | ツーリング


<< DR-Z400SM購入までの経緯 荒子川公園 8. >>