<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

キバナコスモス

一寸ヤマダ電機に寄ってみた帰りに、キバナコスモスが咲いているのを見つけた。
日本全国どこでも咲いてるじゃないか言われててしまうとそれまでだけど・・
私はこの鮮やかなオレンジ色の花が好きです。
キバナコスモスはコスモスと同様に熱帯アメリカ原産の園芸植物だそうです。
S10にて撮影。

a0085537_20241867.jpg


a0085537_20245960.jpg


a0085537_20253565.jpg


a0085537_20571416.jpg


a0085537_20321253.jpg

珍しくも、S10で蝶を捕まえることが出来た。一枚だけだけど・・^^
a0085537_2032422.jpg

by dokuzenryu | 2007-09-27 20:32 | 写真

お散歩 その2

今度はS10です。
歩道の脇で、カメラを2個持った男がしゃがみ込んでいるのは
客観的に微妙に怪しいのですが、仕方ないのです。(>_<)

これは芸術のため!・・・???なのですから・・(⌒~⌒ι)

a0085537_19435219.jpg

a0085537_19441174.jpg


a0085537_19442869.jpg


a0085537_19445714.jpg

タンポポ
a0085537_19453074.jpg

落ち葉
a0085537_19455435.jpg

ツユクサ
a0085537_19461923.jpg


a0085537_19465946.jpg


大変良い天気でしたが、カメラ任せで安定した露出をするのがS10。
手ぶれせず、設定が当たると(マニュアル設定)、吃驚するきれいな画像が撮れるのがA640。

S10は何でも奇麗に写します。A640はやや渋め。葉っぱの質感などグーです。
S10も露出補正とフォーカスの移動は調整できるので、その辺りをも少しマメに努力すれば
写りも向上しそうです。
気軽な手持ちスナップの感想でした。

拝読多謝です。<(_ _)>
by dokuzenryu | 2007-09-24 20:04 | 写真

お散歩

晴れた日に近所を散歩してスナップしてきました。
全て手持ちです。

まずは、A640。

キバナコスモス
a0085537_19143485.jpg


a0085537_19145525.jpg


a0085537_19165533.jpg


a0085537_19178100.jpg

タンポポ
a0085537_19173931.jpg

ムクゲ
a0085537_19175178.jpg

交通整備用?によくガードレールと歩道の間に植えてあるヤツです。
小さな花ですが、拡大するとナカナカなもの。
a0085537_1918930.jpg
a0085537_19182143.jpg

落ち葉。
a0085537_19183783.jpg

百日紅。名前の通り、夏の初めから実に長く咲き続けます。
a0085537_1933527.jpg

by dokuzenryu | 2007-09-24 19:34 | 写真

大仏とブルーボネット 3

a0085537_11515898.jpg


a0085537_1152254.jpg


a0085537_11523693.jpg


a0085537_11524928.jpg

狸みたい・・
a0085537_1153267.jpg

トウガラシ ブラックパール・・だと思う。
a0085537_11531450.jpg

女郎花とカナブン。
a0085537_11533139.jpg

珍しく良い構図で撮れたと思うのだけど、肝腎の花が・・(つ_T)
a0085537_11534985.jpg

蝶って毎日が楽しそう・・
a0085537_1154554.jpg


a0085537_11542382.jpg


今回の撮影について、反省点を書けばレポート一枚になるだろう・・けど省略。(^_^;
手持ちで花を撮る限界を感じてます。
by dokuzenryu | 2007-09-22 12:00 | 写真

大仏とブルーボネット 2

マックの交差点を戻るとすぐに名古屋市内に入る。
R247柴田本通1を西へ左折すると、次第に周りがトラックばかりになってくる。
周囲の建物も工場や倉庫ばかりで、場違いな場所にきてしまった心細さを感じる。
というものの、道なりに10分ほどで到着。

ブルーボネットは車でなく、水族館から船で来た方が良さそう。
その方が絶対に楽しい。
次回は船で・・決意した。

入場料300円。
入り口の前の植木。ハイビスカス。
a0085537_1140249.jpg


中はこんな感じ。
a0085537_1141829.jpg

ハイビスカス。オレンジ色。
a0085537_11412511.jpg

ひよこが餌をねだっているみたい。^^
a0085537_1141427.jpg

彼岸花。
a0085537_1142521.jpg


a0085537_11422747.jpg

日々草。合成色みたいな赤ですが、ホントにこんな色だったのです。
a0085537_11492051.jpg

前の写真の遠景のガラス張りの建物内部。冷房が効いていて涼むことが出来る。
a0085537_11425517.jpg

by dokuzenryu | 2007-09-22 11:51 | 写真

大仏とブルーボネット

9月12日、1日休みだったので、またしても写真を撮りに・・
地図で調べると、近くに大仏様がある。
知多半島への産業道路を南へ走ると、いつも左手に見えるアレだ。
11時過ぎに出発。
近所なのに渋滞でなかなか進まない。

名古屋市と東海市の境目だ。
交差点のマックで遅めの朝食。
その後、バイクに跨って5分もすると、到着。
しあわせ村 ・聚楽園公園だ。

芝生だ。も少し涼しくなれば、芝生でごろりと横になるところだ。
a0085537_074765.jpg


すぐに大仏が見えてきた。
a0085537_082591.jpg


で、でかい。
a0085537_085176.jpg


足元にはお地蔵様。
左・童顔のお母さんのような雰囲気。
a0085537_092721.jpg


右・きれいなお母さんな感じ。
a0085537_0105117.jpg


主人公を忘れとりゃせんかね。と心の声が!
a0085537_0112026.jpg


重厚極まりないお顔。やっぱり大仏様がNo1です!
a0085537_0114555.jpg


昭和天皇のご成婚を記念して開眼供養された聚楽園大仏。
鉄筋コンクリート製で、高さは18.79mと、鎌倉の大仏(11.5m)より大きいそうな。

お次はブルーボネットだ。
by dokuzenryu | 2007-09-18 00:28 | 写真

S10 その2

ランの館屋外です。

a0085537_22482938.jpg

ランタナ。街の至る所で色とりどりの花を咲かせてますね。
オールイエローは少々珍しい。
a0085537_22541552.jpg


a0085537_2255031.jpg

a0085537_22544475.jpg


甘い汁を啜って生きるのが俺の生き方・・・そんな蝶の心の声が聞こえたような。
幻聴を聞いている間にボコボコに蚊に喰われてしまいました。
生き血を啜られるのが俺の生き方?悲しすぎ!(TOT)
a0085537_22552810.jpg

日々草。写真の通りのやや朱色気味の赤ですが、この色も珍しい。
a0085537_22554567.jpg

睡蓮。ジェネラルパーキングという種類。双子だけど二卵性か?
a0085537_22561424.jpg

by dokuzenryu | 2007-09-10 23:11 | 写真

S10

ランの館。
今度はS10にて。
カメラ任せ。

a0085537_10572548.jpg
a0085537_10575488.jpg
a0085537_10581487.jpg
a0085537_10584149.jpg

a0085537_23135468.jpg


反省点。
A640でプレビューモードで画像を確認しながら撮ったが、
あまりプレビューモードは当てにならない。
設定(ISO80、WB太陽光)は、館内(サンルーフだけど)に合わなかった。
シャッタースピードが遅くなるので、ゴルゴになった気持ちで微動だにせず
撮影したつもりがブレブレ。(・・;)
掲載した分が最も良いできだから、後は推して知るべし・・
マニュアルモードで工夫したつもりだったが、逆にカメラ任せにした方がよかったみたい。
あるいは三脚仕様かシャッタースピードが速くなる方向で設定か。

S10は設定(ISO50、WB太陽光)で問題なし。
前回D50でWB曇りで撮影したら無惨な結果だったので、
同じNikonのS10ならWB太陽光で良いと踏んだが成功。\(^O^)/
プレビュー液晶の信頼性高し。但し屋外では反射で見づらい。
(屋外で見れる液晶ってあるのか?)
やっぱり手ぶれ補正は物凄効果有りですね。

もう一回屋外分載せますね。
by dokuzenryu | 2007-09-10 11:19 | 写真

A640にて

いつものことで恐縮だが、またランの館へ行ってきた。
今回はA640とS10を持参。
果たして・・

まずA640から。
マニュアルモードで撮影。

1/15秒
a0085537_22133850.jpg

1/15秒
a0085537_22135765.jpg

1/8秒
a0085537_22141865.jpg

1/10秒
a0085537_22142823.jpg

1/40秒
a0085537_22144360.jpg

1/320秒、ISO400
a0085537_22145558.jpg

by dokuzenryu | 2007-09-09 22:20 | 写真

真夏の熊野詣で 4

気持ち良さ気に鳶が飛んでいる・・というより浮いてる感じかな。
以下、断り無ければD50撮影。
a0085537_18402175.jpg


西側を半周して、再度昨日通った東側の道に入ると、
すぐに東の大島への橋がある。
ぐるりと一周して橋を渡り終える。
しばらく真っ直ぐだ。
標識に従って走り続けると、20分ほどでトルコ記念館に到着。

a0085537_18232077.jpg
a0085537_18235396.jpg


長袖のジャンパもTシャツもズボンも水に落ちたようにずぶ濡れだ。
時間は10時半。
真夏の強烈な日差しが照りつける。
すっかり鼻水もくしゃみも出なくなった。
北風邪よりも太陽のほうが強いのだ。
童話の通りなのだ。

駐車場から5分ほど歩くとトルコ記念館だ。
明治初期、眼下数百m下の岩でトルコ軍間が座礁したらしい。

樫野崎灯台への道。左手は花。右手は海。
男でも日傘が欲しい・・
a0085537_18493789.jpg

S10にて。
a0085537_18445428.jpg

S10にて。写真の通りのド派手な真紅のハイビスカスが所々に咲いてました。
南国ですね。全く。
a0085537_18451417.jpg

S10にて。
a0085537_1846340.jpg



5分ほどで樫野崎灯台だ。
a0085537_18243530.jpg

先に見えるのは北側の紀伊半島。
a0085537_18245615.jpg

a0085537_1833291.jpg


40℃近いのじゃないか。しかも風がない。
歩くのが難儀になってきた。
それでもめげずに写真を取り捲って駐車場に戻ると11時半。
丁度瀟洒な喫茶店がある。
ケーキセットとアイスコーヒーで一服。
後で知ったがこの日は全国的に猛暑で、40℃を超えた地方もあったそうだ。

日差しの下ではカメラの液晶はろくに見えない。
写真の出来具合をスライドショー機能で確認。
まぁまぁ・・かな。
もっとも、D50は液晶自体あまり当てにならないので、
本当のところは家へ帰ってパソコンで確認するしかないけど・・

1.5㍑のペットボトルから小型のボトルに水を移し変える。
水分補給は大切だ。
最近、真面目に白湯2㍑/日健康法を実践している。
本ツーリングでも実践中だ。
バッグにボトルを差し込んでおくと直ぐに水はお湯に変わるのだ。
バイクに跨る。12時。

42号を東に戻って、那智の滝の麓まで辿り着いたのが13時半。
近くの喫茶店で軽い昼食を摂る。

飛龍神社。那智の滝のことだ。

a0085537_18263431.jpg


鳥居を潜って、石段を下に下りていく。
お盆で休みのためだろう。大変な人出だ。

S10にて。
a0085537_1844134.jpg


a0085537_18271524.jpg


今度は那智大社だ。飛龍神社の鳥居まで戻ると、
今度は標識の示す石段を登っていく。

a0085537_18281897.jpg


15分ほど、汗を搾りきって漸くのこと辿り着く。

a0085537_1829462.jpg
a0085537_182919100.jpg


でも大丈夫。私の体は白湯で新陳代謝が活発なのだ。
・・よく考えるとこれほどに汗を掻くのは水分の取り過ぎ。
いやいや体調は良いし、これでいいのだ。
私は邪念を追い払う。

宝物館で古文書や刀を拝観。
価値など全く分からないけど、いつも宝物館に入ってしまう。
物好きなのだ。

本殿のすぐ裏手が青岸渡寺だ。

a0085537_1829423.jpg


お寺らしくモクモクと香が煙っている。
飲み水が湧いているので、柄杓でゴクゴクと飲んでしまう。
現代人の性、水道水以外はあまり信用しないが、渇きには勝てない。
美味しかった。

暫く歩くと三重塔だ。まだ新しいらしく、朱が鮮やかだ。

a0085537_18301895.jpg


丁度滝の降り口と高度が近いらしい。
遠くに滝が拝める。

a0085537_18305853.jpg


一通り周って戻ると16時だ。
帰り道に温泉があった。
600円。
更衣室にはロッカーがなくて、かごだけ。
貴重品の預かりをお願いすると、靴のロッカーに入れてくれと言われた。
どういうセンスだ?
少々立腹するも、浴場は新しく気分の良いものだった。
勘弁してやろう。

湯船で疲れも取って、これから帰宅だ。
17時。

21時。大台ケ原の道の駅に到着。
隣のスーパーで夕食を買い込む。
スーパーを出ると、私の前に並んでいたお婆ちゃんに話しかけられた。

「どこから来やーしたか?」

名古屋の自宅へ帰る途中だと説明すると、
「うちの息子もバイクに乗っ取ってなー。」と話し続ける。

要約すると、何台もバイクを持っているので1台だけにするように
説教したら、売り払った。
しかし、すぐにまた、新しいバイクを買ってしまった。
婆ちゃんは怒った。
それから暫くして自動車税の通知が来て、見てみると、古いバイクのものだった。
実は古いバイクは倉庫に預けていただけで、息子は婆ちゃんを騙して、
バイクを増やしていたのだった。
なかなかの笑い話である。

「気をつけて帰りなせーや。」
婆ちゃんと分かれた。夜の国道を走り始める。

いつもだが、バイクで700~800kmほど走ると、腰が限界に近づく。
腰を曲げて足元の物を取ることもできなくなる。
最近は慣れてきて、翌日にはすっきり直っているが、それでも
当分ツーリングは懲り懲り・・と思うのだ。
やはり翌日にはそれも忘れ去ってしまうけど・・

こうして、今回も無事に12時前に名古屋の自宅に帰りついたのでした。
by dokuzenryu | 2007-09-01 18:59 | ツーリング