<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

曽根高原 2.さよならA640

丸木で整えられた山道を若者二人が下りてきた。
もてない男がつるんでやがるな・・私は思った。
だが、あちらも、根の暗そうな中年男が薄暮れの中を現われた・・と思ったはず。
お互い賢明にも思ったことを口に出さずにお別れ。

よく整備されて、大変に歩きやすい。
a0085537_1942092.jpg

高原からは山・・というより丘程度の高さしかないが、折角だから登ることにする。
北から登って、尾根を東へ向かい、写真のモヒカン頭のところまで行った。
a0085537_1943023.jpg

日没。婆ちゃんは時間を1時間間違えていたのだと思う。
a0085537_1943849.jpg

黒い筋が道だ。ひょうたん型の左の道から右の空き地へ歩き、ここまで登った。
まだ途中。
a0085537_1945123.jpg

到着。もう陽も沈み、刻一刻暗くなってくる。
風は冷たい。
17時。
ジャンパを脱いで、しばらく汗を乾かす。
東には満月。
今回も満月期に活動していた。
a0085537_195154.jpg

北側。後で調べると、こちらは有名な赤目四十八滝渓谷らしい。
尾根を境にススキでなく森になる。
a0085537_1951113.jpg


ここまでの撮影はGX100+ワイドコンバージョンレンズ。
先日、名古屋は大須の商店街をブラブラしていて、中古PCショップで
ワイドコンバージョンレンズ+アダプターを見つけた。
新品で2万円ほどだが、塗装に傷ありのため9千円。
思わぬ拾い物だ。
正直、これだけの広角はまだ使いこなせない。
今回も、ただ広く写し取っただけ・・だ。
精進しないと。

ここからは夜景をスナップするだけだから、CANON A640に装備変更。
杖代りの一脚の頭に磁石でA640を装備。
満月とはいえ明かりのない山道だ。
気をつけないと・・慎重に尾根を下っていく。
突風が吹いた。

コロコロコロコロ・・・・

カメラが飛んでいった。
斜面を、ススキの中を・・
斜面を降りてヘッドライトを頼りに探すも、この急角度の斜面では
どこまで転げ落ちたか見当もつかず、暗闇の中私まで転がり落ちかねず。
諦めた。

CANON A640・・・一眼レフのサブ用に初めて買った1000万画素の
バリアングル液晶モニタータイプコンパクトデジタルカメラ。
去年の秋にも富士の撮影で大活躍してくれた。
素晴らしい写り、考え抜かれた操作性、そして洗練されたスタイル。
ありがとう、君の勇姿を我々はいつまでも忘れない。

すっかり暗くなった高原から駐車場に戻ったのが18時。
さて、帰り道は、北上して伊賀上野からR25か元の道を戻るか・・
ずばり!男なら元の道でしょう。

満月を共にR368を東へ。
途中霜が下りてきてヘルメットのバイザーの曇りが取れず、跳ね上げる。
まだ12月も上旬だから我慢できるぞ。
でも今後対策も考えたほうがいいな。

暫くして超タイトなワインディング。
バイクのヘッドランプ以外光源がないので、目先だけ暗闇に道が木々が浮かび上がる。
ときどき距離感を喪失して突っ込みそうになる。
(実際には安全のため、低速で運転しています。)
今回のように疲れていないときに難しい道を通るのは、
いざというときのための良いトレーニングだ。

難関を越え、やがて松阪へ。
途中、走行中にキーが抜けて、ワイヤーにぶら下がっているのに気づく。
普通キーってON状態では抜けないはずだが・・
何はともあれキーが落ちる前に気付いて良かった。
暫く市内で渋滞だが、夜のR23は空いている。
学生の頃は、大型トラックばかりのR23を非常に危険に感じたものだが、
慣れた今では快適だ。
22時にはアパートへ戻り、一人無事の祝杯を挙げたのでした。
by dokuzenryu | 2008-12-17 20:16 | ツーリング

曽爾高原 1.急がば回れ

12月11日、愛車DJEBELを駆って奈良へ向かった。
といって、前回のように奈良市内や奥吉野方面ではない。
三重と奈良県の境にある曽爾高原だ。
山一面が秋にはススキ野になる有名どころだ。
前日から天気予報はあいにくの曇りで迷うところだが、迷ったときは積極策だ。
名古屋からの距離は約170km、自分的には楽勝の距離だ。
朝9時には朝食を済ませていたが、本を読んだり洗濯したり、ゆっくり過ごす。
余裕だ。
出発は11時半。
多分夕方前には着けるはず。

しかし・・R23がいきなり渋滞中。
鈴鹿まで2時間半かかる。
前回と同じようにラーメン屋の一刻堂で昼食。
外に出ると晴れてきている。期待できるかも?
松阪でR42に入り、暫く先でR166へ。
このR166をずっと西へ行くとやがて東吉野に至るのだが、
今回は10kmほどでR166を外れ、R368へ。
R368は地図上では丁度R166の10kmほど北にあり同じように東西に走っている。
既に街中を外れ、畑の中にポツリポツリと民家が建ち、やがて両側が山になってくる。
一車線の狭い道だ。
既に15時を回っている。急がないと・・

いきなり超タイトなワインディングになる。
植林された杉林の中を右に左にくるりくるりと回っていく。
大変危険ではあるが、大いに楽しめる道だ。
が、夜は走りたくない道である。
アップダウンも激しいので、平衡感覚が少し狂ってくる。
ペースダウン。

5kmほどで直線になる。
突き当たりの道の駅の前を左折。R369へ。
しばらくしてカーナビの表示どおりに進むとR369を外れてしまった。
安物のカーナビなだけにマニアックな道が大好きなのだ。
わかっているので予め中継点をきちんと設定しているはずだけど・・
停車して地図を確認。
カーナビを使うと距離や位置などの俯瞰的な把握を怠りがちになる。
一旦現在地を把握しなおさないと・・

「どこに行くのかね。」
声をかけられた。
少し先に小型のバスが停車してあり、傍らにおじさんが立っている。
運転手のようだ。
頼んでもいないのに向こうから歩いてきてくれる。
「曽爾高原に行きたいのですが・・」
「この道を上がってすぐに右折すると牧場で、その先を・・」
地図まで書いて教えてくれる。
普段の善行のおかげか、私の体から良い人オーラが出ているらしい。
効果距離は10mだろう。
分析するに、

中距離型
パワーB
スピードD
持続力A
精密度D

うむ、なかなかのスタンドだ。
いや・・暗くなってきてるので急がないと。
おじさん、ありがとう!

説明のとおり、15分ほどで到着。
駐車料はバイク100円。
真っ青な目の女性だ。
凄いブロンド美人・・ではなくてすっかり色素が薄くなったお婆ちゃんだ。
「日没は16時20分だよ。」
「あ・・あと10分!」
高原への道をカメラを持って急ぎ足だ。

ここから先が高原だ。
a0085537_18454681.jpg

南から入っていくと、ほぼ円形に高原が広がっている。
正確ではないかもしれないが、西から北、更に東側まで高原の周囲を山が被っている。
北東。
a0085537_18455691.jpg

北まで来ると、空き地になっていて、いくつかベンチが設置されている。
誰もいない空き地に、ぽつりと枯れ木が一本。
a0085537_18461153.jpg

by dokuzenryu | 2008-12-17 19:17 | ツーリング

熱田神宮の秋2008 5.

最後に少しだけ、PENTAX A40で撮影したものを載せます。

a0085537_23202646.jpg
a0085537_2320364.jpg
a0085537_23204456.jpg
a0085537_23205487.jpg
a0085537_2321254.jpg

清雪門(せいせつもん)
俗に不開門(あかずのもん)といわれる。
熱田は気候の違いか、苔が生えずに、屋根や木の幹に草が生えていることが多い。
a0085537_23211524.jpg
a0085537_23213074.jpg
a0085537_23214020.jpg


GX100に比べて、色乗りが良い。
その代わり、レスポンスや広角が37mmスタートなど敵わない点も多い。
A40は不人気機種だが、PENTAXファンとしてはそれなりの良さを読者にアピールして終わりとします。
by dokuzenryu | 2008-12-16 23:44 | 写真

熱田神宮の秋2008 4.

私が子供の頃に比べると本当に鶏が少なくなった。
野良猫に駆逐されてしまったのか?
a0085537_8562073.jpg

大楠木。
a0085537_8563685.jpg
a0085537_8564658.jpg

本宮。
a0085537_8572249.jpg

西側から
a0085537_8573513.jpg

参道。帰り道。
a0085537_8574790.jpg

南神池周り。
a0085537_85807.jpg
a0085537_8582568.jpg

南神池。きれいとは言いかねますが・・
a0085537_8584116.jpg


GX100について、使い勝手の良さに満足していますが、露出が難しい。
紅葉等はもう少し露出を-補正して、影の多いところでは+補正したほうが良さそう。
まだまだ使いこなせていない・・
by dokuzenryu | 2008-12-16 09:08 | 写真

熱田神宮の秋2008 3.

神楽殿の右の目立たない道を入っていくと紅葉が。
a0085537_844491.jpg
a0085537_8441778.jpg
a0085537_8504028.jpg

御田神社
a0085537_8504810.jpg

清水社
a0085537_85173.jpg
a0085537_8511896.jpg

by dokuzenryu | 2008-12-16 08:55 | 写真

熱田神宮の秋2008 2.

森の中に神宮があるという風情だ。
a0085537_958278.jpg

銀杏並木の西が小さな公園になっています。
ボーイスカウトがテントを組み立ててました。
a0085537_9583782.jpg

a0085537_1003443.jpg

銀杏並木はほぼ全滅で、残った一本がこれ。
a0085537_9585780.jpg

西楽所。五代将軍綱吉の再建したもの。
a0085537_959685.jpg

by dokuzenryu | 2008-12-15 10:06 | 写真

熱田神宮の秋 2008 1.

12月7日、天気も良いし、久しぶりに熱田神宮へ出かけてみた。
遅すぎるかもしれないが、銀杏並木を期待してのことである。
昨年分
RICOH GX100にて。
駐車場から頭上の黄葉を撮ってみた。
a0085537_9512917.jpg

東門。
a0085537_9513815.jpg

参道。
a0085537_9535217.jpg
a0085537_9542644.jpg

実がなってます。
a0085537_9543644.jpg

by dokuzenryu | 2008-12-15 09:57 | 写真

岡崎城3

同じくK10D+Sigma18-200mmにて。

a0085537_858353.jpg

一瞬だけ日の光が差した瞬間。
a0085537_8584547.jpg
a0085537_8585211.jpg
a0085537_8585986.jpg
a0085537_8591066.jpg


このお城周りだが、もともとは矢倉などがあって、城郭の一帯だったようである。
現在のお城も実はコンクリート作りで、空襲でやられたのかと早とちりしかけたが、
お城の説明を読むと明治時代に、自主的に取り壊されたそうだ。
今思えば、残念なことではある。

a0085537_8591824.jpg

by dokuzenryu | 2008-12-15 09:14 | 写真

岡崎城2

K10D+Sigma18-200mmにて。

a0085537_8551021.jpg
a0085537_8551981.jpg
a0085537_8552799.jpg
a0085537_8553881.jpg

この人は・・わかりますよね。徳川家康さんです。
a0085537_8554999.jpg

by dokuzenryu | 2008-12-15 08:57 | 写真

岡崎城

12月1日、岡崎状へ行ってみた。
岡崎市は愛知県のほぼ中央、
名古屋からR1をバイクで1.5時間も走れば十分着ける場所にある。
昨年、岡崎東公園で写真を撮った。
http://dokuzenryu.exblog.jp/6496123/
申し分のない良いところだったが、今年は少し目線を変えようというわけだ。
天気は残念ながら曇り模様。ときどき晴れ間が覗くくらい。

FUJI F100fdにて。
a0085537_8373547.jpg
a0085537_8374970.jpg
a0085537_837583.jpg
a0085537_838735.jpg
a0085537_838153.jpg
a0085537_8382361.jpg
a0085537_8383265.jpg


FUJI F100fdというカメラ。
なかなかに独特の写りだ。
しかし操作性は・・とにかく難しいと感じる。
by dokuzenryu | 2008-12-15 08:46 | 写真